★ご存知ですか?ブローチの秘めたる力!!

2017年12月13日

──────────────────────────────────
~ご存知ですか?ブローチの秘めたる力!!~
──────────────────────────────────
 ブローチ??
ああ、いつ使うか、使い方のよく分からないアレね・・必要ないでしょ、
 
と思ったそこのあなた!!

 実は、ブローチって超お役立ちアクセサリーなんですよ!
今回は、目からウロコ!のブローチの着け方・活用術あれこれ、伝授しちゃいますよ~!

 実は今、渋谷スタジオには、
フランスやドイツ、イギリス、アメリカ、イタリアといった国々の

様々な色&デザインの、手頃なコスチュームジュエリーや希少なヴィンテージアクセサリーが
沢山届いているんですが、中でも、ブローチが一番人気なんです。

見ているだけでもウキウキするくらい、いろいろな色&デザインがあるのです♪(≧▽≦)

 こんなにも多くのアクセサリーがスタジオに届くきっかけとなったのは
今年7月に行われたランチイベントでして、(⇒詳細はこちらをご覧くださいネ
初の試みとして200点あまりのコスチュームジュエリー達をお披露目したのですが、
その際、最も皆さんに喜ばれたのも、
これら素敵なデザインの様々なブローチたちでした。

なぜだかわかりますか?

 実は、柄物が得意でない人でも(無地の方が得意なタイプの人でも)、
ブローチでなら、似合う柄(モチーフ)をいろいろ見つけることができるからなのです。

 というのも、シンプルな無地の服に、
ブローチを柄に見立てて、一か所ポンとプラスするだけなら、ごちゃごちゃしませんから、
「すっきりシンプル」という状態は維持したままになるので、

 ちゃんと似合った状態でいられる上に、
いつものシンプルな無地の服が、グンとオシャレに見えて、
似合う柄ものを着たような印象に仕上がってしまうんです。

 似合うブローチ1つだけでもグンと服の印象が変わりますし、
似合う組み合わせになる2つを選んでつけると、
(例えば、花と鳥 とか月と大きい花と小さい花とかね!)
同じお洋服が、
「いろいろ服持ってるよね~」
と言われるくらい、違った物に見えてしまうのでビックリ!!

 でも… ブローチって重いから、コートやジャケットにしか
付けられないでしょ? と思ったあなた!
いえいえ!
実は裏ワザがあるんですよ~♪

 この方法なら、ニットトップスやワンピース、カーディガン
ブラウスにまで付けられるんです。
その写真がこちら!

 どうです?
実は裏は、こうなっています。

ジャケットだからでしょ? と思ったあなた、
いえいえ、こちらをご覧ください!
こんな薄手のワンピースでも大丈夫! 

ほらね!

実は、よく、100均で30枚入りなどで売っている、
透明の小さな厚手ビニールパックを
裏に当て布の代わりにしてつけているんです。

すごいでしょ?
これ、保坂先生発案のワザ(笑)。とってもオススメです。

柔らかな布も、この厚手ビニールのお蔭でピンとして
ブローチを輝かせてくれています。

さて、つけ方が分かった所で、
じゃあ、どこに、どう、着けるの?
という疑問にお答えしますと…

文章で書くよりも、「百聞は一見にしかず」ですよね。
お写真でご紹介しますね。

ひとつのブローチをイロイロな部分に付けてみましたよ。(*^0^*)

これらは普通の付け方ですね~

では、こちら!

ストールに付けてみました。
ストールの色が変わるだけでも、印象が違いますよネ♪

また、こんな使い方も

ドレープの部分につけると、ワンピースが俄然引き立ちます。

こんなこともできますよ~!

お手持ちのパールネックレスと組み見合わせると、ゴージャスなアクセントになりますね!

どうでしたか?
ブローチっていろんな使い方ができるんですヨ♪
目からウロコ…でしょ?
ブローチ、イロイロ見てみたいですよね。

はい!
これから、皆さまにご紹介する方法を
考えていきますので、
楽しみにしていてくださいね!!

でも… 
「ブローチって柄物が得意な人でないと難しいでしょう?」
と思ったそこのあなた!

確かに、2~3千円のチープなつくりのブローチだと
大人っぽさやシンプルさがないため、似合う人がかなり限られてしまうんですが、

実は、コスチュームジュエリーのブローチなら、似合うものが発見しやすいんです。

 実際、これまでにシンプルタイプのお客様達(柄物がNGのタイプの方々)に、
素敵に映える意外なブローチ(笑)が発見できてます。

そこで、
次回は、どんなブローチがどんなタイプの人にオススメなのか、を
スタジオにあるいろいろなブローチを例にご紹介する予定です。

ご自身に似合うヒントもいろいろ発見できると思いますので
楽しみにしていて下さいね。(*^0^*)
 
 
   ブログの目次ページへ