カテゴリーアーカイブ:

★分厚いタイツでダサくならない裏ワザ

2017年11月26日

このコラムは当方のメルマガおよびまぐまぐメルマガに以前掲載した記事から抜粋しています。

────────────────────────────────────────
~分厚いタイツでダサくならない裏ワザ~
────────────────────────────────────────
  最近、ますます寒いですよね~!(><)

 そうなると、パンツが似合わないスカート派女子たちは、

 ついつい100デニールなどの分厚いタイツに頼ってしまいがち。

 
  でも、スカートから出てる足が

 真っ黒とか、こげ茶色の分厚いタイツだと

 足がズド~ンと目立って見えるので、

 (見てる側の視線が無意識に下へと誘導されるため)

 どうしても下半身が重く見え、

 もっさり感が残り、ダサく見えがちです。

 
  かといって、カラータイツはPOPすぎるし、

 パンツはやっぱり似合わないし。。。

 というお悩みをよく聞きます。

  そこで、ぜひ実践して頂きたい裏ワザを伝授しちゃいます。

  そもそも、足元が重くダサく見えるのは

 分厚いタイツだと「透け感」がなくなるのが原因です。

 同じ黒い色でも、ストッキングだと

 透け感があるので、むしろ大人っぽくオシャレに見えたりします。

 ならば、あったかいけど「透け感」を出す方法を考えればいいんです。

  そこでおススメしたいのが、

 タイツの2枚重ねワザ!!

 まず、下にベージュ色の厚手デニールのタイツをはきます。

 そしてその上に、ワンサイズ大きくして、

 黒や茶色の薄手デニールのタイツ(40デニール以下)を履くんです。

 そうすると、ものすごくあったかいのに、

 見た目には薄いタイツだけを履いているように見え、

 程よい透け感が出るので、すっきりキレイに仕上がるのです。

  (ベージュの厚手タイツはヨーカドーや西友といった肌着売り場や

   セシールなどの通販でも手に入りますヨ。)

 なお、保坂は超寒がりなので、180デニールのベージュタイツ(笑)に

 茶色の40デニールのタイツを重ねてはいています。

 その際、タイトなブーツだと通常のサイズは履きにくくなるので、

 ワンサイズ上げてブーツを買ってます。(笑)

  ちなみに、

 重ねるタイツを似合う織り柄タイツにすると

 60デニール位の厚さがあっても、

 透け感とオシャレ感が増すので更にオススメです♪

 柄が苦手なタイプの方なら、

 超細かい上品な模様を選ぶといいですヨ。

  一石二鳥のこのワザで、

 ぜひ素敵に冬を乗り切ってくださいネ~!

 
 
(この記事は過去にメルマガに掲載したものを加筆修正したものです)
 
 
  ブログの目次ページへ
 
 
 

■モノトーンを愛用してると、子供が色音痴になる?!

2017年11月13日

※このコラムは、保坂真里奈が執筆し、2004年から
 当スタジオのホームページに掲載していたものの再掲載ですが、
 無断でまるまる転載し、あたかも自分が書いた記事のように載せている方が何人かいるそうです。
 転載して頂く際には、必ずご連絡の上、当サイトからの転載記事であることを明記してください。

────────────────────────────────
◆モノトーンを愛用してると、子供が色音痴になる?!
────────────────────────────────

 ひょっとして、あなたは日頃から

黒、ベージュなど似たような色ばかりを着てませんか?

あるいは、 お子さんの身の回りのおもちゃやインテリアを似たような色で統一してませんか?

それはとってもキケンなことなんです!

このままだと、お子さんは「色音痴」に育ってしまうかもしれませんよ。

 実は、どの位多くの色を見分けられるか、は

2歳~3歳までにどの位多くの色と触れ合ったか、が大きく影響することが分かってます。

だから、いろんな色を見たり触れたりしたお子さんは、色を見分ける能力も研ぎ澄まされてきます。

 しかし、似たような色しか見てないorモノトーンを愛用するお母様に抱っこされて育つ、

と言った具合だと、当然、色への反応が鈍くなります。

 すると、 いわゆる「色音痴」になりやすいわけです。

なぜなら、色を使った治療法(カラーセラピー)が存在することから分かるように、

色は人間にいろんな影響を与えます。

というのも、実は、色はそれぞれ波長という名の「刺激」を持っていて、

多くの色に触れるということは、沢山の刺激を受けることになるのです。

そして、様々な刺激は感受性を豊かに育んでくれます。

 だから、お子さんが小さいうちは是非いろんな色を見せてあげてください。

小さいお子さん用のおもちゃがカラフルなのも、このためです。

様々な実験で、赤ちゃんは原色を好むことが分かっていますが

この理由も、原色が色の刺激が最も強いからです。

なのに、おもちゃを全部木製に統一してしまったり、

シックな色合いのぬいぐるみやインテリアの中で育ててしまうのは不適切。(><)

 
 3歳までは、カラフルなぬいぐるみ、カラフルな絵本・・・

濃い色や薄い色、鮮やかな色、優しい色、暗い色、明るい色、くすんだ色・・・

と言った具合に、ぜひいろんな色を見せてあげて

沢山の刺激を受けさせてあげて欲しいんです。

このことは、意外と知らない方が多いので、

お知り合いの方で、赤ちゃんや小さいお子さんがいる方にはぜひ教えてあげてくださいね。

このページのURL↓をメールに貼り付けて、送って差し上げるとわかりやすいと思います。

 http://www.niauiro.com/blog/archives/304
 
 
   ブログの目次ページへ