それでは、実際に似合う色診断をお受けになったお客様の変身をご覧下さい!
(実際の診断の流れは、アルファ式似合う色診断の流れページでご覧頂けます。)

変身事例 Kさんの場合

黒や紺は誰にでも似合う色だと思い、愛用してました。とおっしゃるKさん。
果たして、どんな色&デザインがKさんのキレイを引き出すのでしょう?

before

after

じゃ〜ん!
似合う色&似合うデザインの服に着替えていただきました。
いかがでしょうか?
5歳どころか10歳位若く見えますね。
まさに「美しく洗練された印象」です♪
あまりの変身ぶりに、
「こんなに美人だったなんて知らなかった!」
という名ゼリフ(?!)がお友達から飛び出した程です。(笑)

大まかな分析ポイント

似合う色

黄色みがあり、クリアで透明感のある色が大変よく映えます。
少しでもくすみのある色を着ると、Kさんの肌は黒ずんで老けてしまうのです。
だから「透明感ある明るい色」を着ることが大切。また、愛用なさっていた黒や紺、茶、ベージュといった色は、実はKさんにとっては最悪の色と判明。
これらを着ると、くまやシワなどを実際よりも濃く 見せてしまうため、
疲れたように見え、老けた印象になってました。
(だから、美人だってことに気づいてもらえなかったのかも・・・・・(^^;)
クリーム色やピーチピンクがKさんの究極の似合う色=美肌特権色。これらの色なら、肌にハリが出てすっきりと若々しくなるんです。
(注:これらの色は、似合わない人が着ると逆に野暮ったくなっちゃいます)

デザイン

Kさんには、フリルなど曲線的なラインが大変よく似合います。
よく、「Vネックなら顔がすっきり見える」と信じ込んでる人がいますが、
それはとても危険!
Vネックで顔が丸っこく膨張して見えてしまう方も多いのです。
Kさんもそういうタイプの方でした。
それが証拠に、フリルの襟に変えた方がお顔がすっきり締まって見えてます。
(こういうタイプの方が柄物を着る場合は、ストライプやチェックなどの
直線的な柄は絶対に避けた方が良いです。)

アクセサリー

Kさんにおすすめの金属の色は、ゴールドと判明。
イヤリングのデザインは、耳たぶにピタッと留めるタイプで、ある程度大きさがあった方がバランス良くなる方でした。
小さすぎると、かえってお顔が大きくバランス悪く見えてしまうので、
Kさんにとってのベストの大きさを細かく調べてお伝えしました。

★ココに注目!

BeforeとAfterのメイクは変えてません。全く同じです。
でも、服の色や襟の形が似合うものに変わるだけで、
肌に透明感やツヤが生まれ、シワが気にならなくなり、すっきりアカ抜けてしまってますよね!これこそが「似合うアイテムの威力」なんです。(*^ー^*)

※注)もし、あなたがKさんのようにクリーム色が似合う方だったとしても、
フリルの襟や大きめイヤリングが似合うとは限りません。
なぜなら、似合う色が肌色で決まるのに対して、似合うデザインはお顔立ちによって違ってくるからです。
似合うデザイン分析の詳しい話は、こちらに載っています。

最後に

いかがでしょうか?

よく言われている「黒や紺を着れば、引き締まってオシャレに見える」とか
「Vネックを着ると、誰でも小顔に見える」とか
「○○色のメイクなら、誰でもキレイに見える」などの一般論。

それらは全部、「似合う」場合に限っての話だとお気づきいただけたと思います。

しかし、「似合わない」と・・・

黒や紺を着て 、暗く老けて見える…
Vネックのせいで、 顔が大きくたるんで見えてる…
雑誌のメイクを真似してみたら、 顔の欠点を目立たせていた…
こんな風に、
「似合わない」と、
あなたの意思とは無関係に、
せっせとマイナスの外見を作り出すことになるのです。

でも、世の中の人の大半はこんな事実知りません。
知るチャンスがないからです。
このことを知っているごく一部の人だけが、どんどんキレイに磨かれていきます。

さぁ、あなたも
「最高の自分」を引き出す似合う色&似合うデザインを解明してみませんか?

以前の変身事例の一覧へ

変身事例トップへもどる