それでは、実際に似合う色診断をお受けになったお客様の変身をご覧下さい!
(実際の診断の流れは、アルファ式似合う色診断の流れページでご覧頂けます。)

変身事例 Oさんの場合

日頃はベーシックカラーをご愛用とおっしゃるOさん。
「黄色にチャレンジしてみたい」とのことですが。
さて、Oさんにおすすめの色&デザインは?

 

before

after

ご本人もびっくり、この違い!!
似合う色&似合うデザイン&似合うメイクのトリプル効果が炸裂です!
Before写真、まるでノーメイクのように見えますが、
しっかりメイクしてたんですよ。
ブラウンのアイシャドウとベージュピンクの口紅で・・・・

しかし! それらのメイクカラーが似合わなかったため、
かえって肌がくすんで老けて見えてしまってたんです。
似合うアイシャドウ・口紅に変えたら、ほ〜らこんなにビューティフル♪
 
 

大まかな分析ポイント

似合う色

青みがあり、中明度のソフトな色が美しさを引き出します。
例えば水色を着るなら、スモーキーで濁りのある水色が正解!ということ。
はっきり鮮やかな水色だと顔色が悪くなってしまうので、
「スモーキーなソフト感」が重要です。

また、チャレンジしたい、とおっしゃっていた「黄色」は、
顔がくすんで肌が汚く見えてしまう災難色=最悪の色と判明。
黒も顔に陰を作って、暗い、コワイ印象になるので、要注意。
Oさんにとっての美肌特権色(究極の似合う色)は、グレイッシュブルーや
スモーキーローズなど。これらは一見、控えめな色ですが、
Oさんが着れば、肌にツヤと透明感が出て、
洗練された美しさが発揮できるのです。

(注: 似合わない人がこれらの色を着ると、
顔色悪く見え冴えない印象になります。
女らしい色を着ているつもりが、逆効果になるのでご注意下さいね(笑)

デザイン

スモーキーローズなどのエレガントな色が似合うと、
デザインも曲線的でエレガントなものが似合う、などと
思いがちですが、そのような先入観は危険です。
似合うデザインは、お顔立ちによって違ってくるんです。
事実、Oさんには、曲線より直線的なシャープなラインの方が映えます。
Vネックはお顔とのバランスが良いので、AfterでもVネックを着てもらいました。

 
 

アクセサリー

こちらもやはり、シャープなデザインのアクセサリーがお顔立ちをバランス良く引き立ててくれます。
金属の色は、シルバーやプラチナが似合う方でした。
イヤリングは、耳たぶより下がるドロップタイプがオススメと判明。
でも、下がりすぎは禁物。(ベストな長さについては、ご本人だけが分かるユニークな方法を伝授)

★ココに注目!

BeforeとAfterで着てる服はどちらもVネックです。
でも、色を似合う色に変えただけでこんなに違いが出てます。
だから、色って本当にあなどれないんです。

最後に

いかがでしょうか?

よく言われている「黒や紺を着れば、引き締まってオシャレに見える」、とか
「シャープなスーツを着ると、いい女に見える」、とか
「流行のメイクなら、キレイに見える」などの一般論。
それらは全部似合う場合に限っての話だということにお気づきいただけたと思います。

黒や紺を着て、暗く見えたり、老けて見える…。シャープなスーツで、キツイだけに見える…。
流行のメイクで、肌がくすんで見える…。
こんな風に似合わないとあなたの意思とは無関係に、
せっせとマイナスの外見を作り出す
ことになるのです。
でも、世の中の人の大半はこんな事実知りません。知るチャンスがないからです。
似合うものを知っているごく一部の人だけが、どんどんキレイに磨かれていきます。さぁ、あなたも「最高の自分」を引き出す色&デザインを解明してみませんか?

 

以前の変身事例の一覧へ

変身事例トップへもどる