それでは、実際に似合う色診断をお受けになったお客様の変身をご覧下さい!
(実際の診断の流れは、アルファ式似合う色診断の流れページでご覧頂けます。)

変身事例 内藤みかさんの場合

このページの写真の掲載にご協力くださったのは、
「ケータイ小説の女王」の異名を持つ売れっ子作家、内藤みかさんです♪
以前、「世界☆バリバリバリュー」にも出演なさいました!
内藤みかさんの公式サイトはこちら →作家・内藤みかのメインブログ

before

after


同じデザインの色違いトップス。
ひとつは、ゴールド。もうひとつは、シルバー。
どっちだって一緒?
いえいえ、とんでもありません!

シルバーの方が断然キレイ!お顔の輝きが全然違います!

ふつうに考えたら、ゴールドのトップスの方が
シルバーよりも華やかで存在感が出そうに思えますが、
内藤さんには似合いません。

結果、肌がくすんで見え、疲れて老けたような印象に。。。(^^;)
ゴールド&ブラウンメイクも似合ってません。

逆に、シルバーのトップスは寂しくなるかと思いきや、
透明感溢れて、上品な華やかさが出ています♪

でも、ご覧のように2つの服は全く同じデザインなんですよ。
色だけでこんなにも差が出るんだということを改めて実感させられますね!

大まかな分析ポイント

似合う色

黄みのない、すっきりとした発色の紫みの色やクリアな発色のシルバーが大変よく映えます。
逆に、黄色っぽいベージュやゴールドは厳禁。
内藤さんは、少しでも黄みや茶色みのある色を着ると、
肌も茶色くくすんで見えてしまうのです

そのため、Beforeのゴールドでは、 肌がくすんで疲れた状態に見え、
服と顔がつながるような、ボ〜ッとした印象になってしまったのです。
(なのに「肌なじみいいですよ」なんて薦めてしまう店員さんもいますが(笑)

「紫みのある、クリアな明るめの鮮やかな色」は得意です。
また、紫みがあっても、くすんでいる濁った色はかなり苦手。
内藤さんにとっては、「黄みがない」「濁ってない」「すっきりキレイな発色」がかなり重要なキーワードであることが判明しました。
(注:シルバーや鮮やかな紫は、似合わない人が着ると顔色悪くなります。)

デザイン

スパイスの効いたスタイリッシュなデザインが良く映える方です。
なので、シンプルなものが全く似合いません。
洋服には必ず凝ったデイテールがあったほうが断然素敵。
逆に、シンプルな服、シンプルめのアクセサリーにしてしまうと、
極端に地味で冴えない印象になってしまいます。

アクセサリー

おすすめの金属の色は、シルバーです。
また、スパイスの効いたスタイリッシュなデザインが得意なので、
アクセサリーもシンプルにせず、主張のあるタイプがちょうど良いのです。
もちろん、いくら主張があってもPOPな感じや甘い感じのもの、
ごついワイルドなものはNG。
スタイリッシュな仕上がりかどうか、も絶対譲れないポイントです。

★ココに注目!

BeforeとAfterの服のデザインは全く同じです。
でも、服の色とメイクの色が変わるだけで、こんなに差が出ます

また、良く見ると分かるんですが、
ゴールドの時のアクセサリーはちょっとシンプルめだったんです。
シルバーの時は存在感あるジャラジャラタイプに変えました。
でも、ジャラジャラして下品とかにはなってないですよね。
むしろ上品華やか!
似合うってこういうことなんです。(*^ー^*)

最後に

ひょっとしてあなたは、
シンプルな服なら無難だと思ってませんか?

保坂は年間で数百人のマンツーマン診断をしてますが、
実は、シンプルなものが似合わない人って結構多いんです。

もしあなたが、シンプルな服が本当に似合う人なら、

「シンプルな服なのに、いつも素敵よね」などと、よく褒められます。

逆に、今まであまり褒められたことがないなら、
あなたも、シンプルな服が似合わないタイプかもしれません。
このままだと、シンプルなもので「無難」どころか、
「大損」な見た目になってる可能性大です。
それって、すごくもったいないと思いませんか?

でも、「似合う色」や
「似合うアクセサリーデザイン」をしっかり知って活用すれば、
シンプルな服にプラスすることで、
あなたを輝かせる着こなしができるようになるんですよ。(^^)

以前の変身事例の一覧へ

変身事例トップへもどる