テレワークで注意すべきこと・ZOOMにキレイに映るコツとは?

通常の会話では、

相手の姿を凝視し続けて話す、ということは少ないですよね。

にもかかわらず、ZOOMなどを使ったビデオ打ち合わせ・会議では

相手の姿を凝視し、同時に自分の姿も視界に入り続ける、という状態です。(笑)

そういう状況になるテレワークでは、

せっかく似合う色であっても、赤系や濃く鮮やかな色を着ると

視神経への刺激が強いため、

相手も自分も(笑)、目が疲れてしまいます。

また、本来は暗い色がキレイに映える肌タイプの方でも、

パソコンのカメラ感知だと、どうしても顔が暗く映りやすいです。

直接肉眼で見るのとは違う作用が起きてしまうためですが。。

すぐにできるテクニックとしては、

自分の正面側を明るくし、
(明るい窓側やライトのある側にパソコンやスマホを置く)

自分の背中側は暗くすると、

パソコンやスマホのカメラの性質上、

顔を明るくキレイに映してくれやすいです。(笑)

逆に、よほど性能の良いカメラで映さない限りは、

素材感が伝わりづらい分、

デザイン(形)が似合っていればなんとかなる

というメリットもあります。

例えば、

素材がブラウス素材でないと本来は似合いづらい、という方でも、

大体の色と形さえ似合っていれば、

カットソー素材でごまかせたり。(笑)

ただ、デザインが似合うかどうか、は

画面での顔の見え方にそのまんま影響するので、

エリの空き加減や模様が似合うかどうか、

袖の形や肩の切り替え位置、ディテールの似合う似合わないは

ちゃんとチェックした方がいいですね~。(^^;)

ちなみに、似合わない状態とは、

平たく言うと、

視覚的に不調和が生じている状態、のことなので、

実は、対面する相手にずっと

『無意識の不快感』を与え続けることになるんですよね。(><)

 

ということで、

テレワークではリアルで会っている時以上に配慮が必要、と

いう声が最近多くあがっています。

是非ご参考にされてくださいネ。

最近の記事

PAGE TOP