5分で完成!時短メイク裏技で楽々ZOOM・テレワーク映え♪

ZOOMでのテレワークやオンライン会合が増える中、
メイクはしておきたいけれど、(外出時はマスク必須で肌荒れしやすい環境だし)せっかく家で仕事をしているんだから(笑)、
肌に軽いメイクでパパっと済ませて時短したい!

ですよね?

実は、画面越しだからこそ、の手抜きメイクが可能です!!
しかも、保坂の知る限り、特にZOOMを使ってのやり取りは、
わずか5分の超時短メイクでも「様に」なります!

■ステップ①

顏全体にルースパウダーをささっとはたきます。
(まぶたの上、眉、こめかみ、鼻、あごはしっかりめに)

【理由&解説】
これは肌ムラを隠すのが目的でなく、テカリ防止のためなので、ファンデーションをがっつり塗る必要はありません。
え?じゃあ、シミやクマ、赤みはどうするの?
というと、肌色よりもワントーン濃いBBクリーム肌ムラの部分だけを塗ればOK。このような雑なやり方(笑)は、リアルで見ると肌がトーンダウンするので×ですが、画面越しなら肌が均一に見えるのでOKなのです。
しかもZOOMの場合は、ステップ⑤の必殺技によって、この過程は省略できます。

■ステップ②

眉は、アイブロウパウダー太めのチップにとって、ささっと眉を描きます。
その際、いつもよりも長めに描く、のがポイント!

【理由&解説】
実は画面越しは細部がぼやけるので、わざわざ眉ペンシルで正確に美しく描かなくても大丈夫。
また、リアルで対面するとナチュラルな長さでも、画面を通すと短く見えてしまうので、長めに描いてください。

■ステップ③

リキッドアイライナーで、いつもよりも太めに、長めにアイラインを入れます。

【理由&解説】
本来はペンシルラインで優しい印象の方が向いてる方でも、画面越しはラインの効果がかなりなくなってしまうので、リキッドアイライナーを使って下さい。
多少線がガタついても分かりませんから大丈夫(笑)
眉同様、リアルで見た時にちょうどいい長さよりも長めに描く方がお顔の美人度が上がります

ちなみに、アイシャドウの絶妙なグラデーションなどは 画面越しではあまり効果が出ないので、時短したいなら、アイシャドウは省いてしまいましょう。

また、マスカラは、つけまつげ並みに(笑)相当重ねないと、画面越しに効果が出ないので(笑)、時短したい場合は、省いてしまうか、つけまつげを使える人はパッとつけてしまうといいですね。

■ステップ④

口紅チークをささっと塗ります。
その際、口紅はいつもより明るめがオススメ。


【理由&解説】
リアルでの対面ではちょうどいい色でも、画面を通すと暗く映ってしまうためです。

■ステップ⑤

最後に、ZOOMの場合の必殺技をやります!
これをやると、肌のムラを隠すというステップを省略してしまえるので、かなりの時短ができる裏技です♪
この裏技は、ちょっとしたパソコン操作で叶います。

まず、ZOOM画面の左下の方にビデオの開始のマークがありますが、そのマークの右にある上向き△マークをクリックすると、四角い枠の一番下に「ビデオ設定」という表示が出てきます
  ↓こんな感じの画面です。

次に「ビデオ設定」をクリックすると、いろいろな設定を変えられる画面が出るのですが、その上から4番目くらいのところに「外見を補正する」という選択肢があります。
その左にあるチェックボックスにチェックマークを入れましょう。
  ↓こんな感じの画面です。

そして右上の×をクリックして設定画面を閉じます。

するとあら不思議!!
画面に映る自分の肌がファンデーションを塗ったかのように
ムラがない状態に補正してくれちゃうんです~(≧▽≦)

これで、わずか5分の時短メイクでも、結構キレイな状態が完成♪

なお、スマホのZOOMだとこの設定ができないようなので、スマホの場合はステップ①の肌ムラを隠す分時間が必要ですが、それでも10分以内の時短メイクが可能ですよ~!

是非お試しあれ♪



関連記事

  1. ◎8月&9月も、アルファ式診断を受けたことがないお客様向けの…

  2. ★ボトムス選びで一番大事なことは。。。

  3. ◆3千円でZOOMアプリ設定&操作サポートがスタート!

  4. 公式ブログはまもなくオープンします!

  5. ピンク色の作用◆新型コロナ、不況などへの不安な気持ちを癒す効…

  6. ◎18周年記念Xmasランチイベントの募集を開始します!

最近の記事

PAGE TOP